「歯を削るのがイヤだから、むし歯の治療が嫌い」と言われる人は少なくありません。
このため微粒子を噴射する方法やレーザーを使う方法などが工夫されていますが、むし歯を薬液で溶かし、それをかき取る方法は、痛みがほとんどなく歯質をできるだけ温存できるという点で非常に優れた方法です。
※歯科医療の先進国スウェーデンで開発され世界47ヶ国で使用されています。

カリソルブの特徴
カルソルブを用いると健全象牙質と感染象牙質とが臨床的に明確に区分され、う蝕組織のみを除去する事が可能になります。健全歯質を不必要に除去することがありません。
カリソルブによる治療の多くは、局所麻酔の必要性が最小限にとどまります。
音や振動が最小限の使用で済みますので患者様には快適な環境で治療が可能です。
カリソルブは軟組織、エナメル質または健全象牙質には作用しません。
※歯科用材料として厚生労働省の承認をうけております。

このような患者様に有効です
  • 小児・高齢患者様
  • 歯科恐怖症・痛みに敏感な患者様
  • 全身疾患等で局所麻酔の使用が禁忌の患者様
  • 在宅診療の患者様