インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、園上に人工の歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が当院でも急速に増えています。
虫歯がない歯を削るなんて…
失った歯の両側の健康な歯を削ってブリッジを取り付けます。
入れ歯に異物感を感じて慣れない
入れ歯は慣れるのに時間がかかり、支えている健康な歯と歯ぐきにも負担が大きくなります。
入れ歯が不安定で噛みにくい
総入れ歯では、部分入れ歯以上に不安定で噛むのに苦労し、発音もしにくくなります。
両側の健康な歯は削りません
抜けた所へインプラントを埋め込み、人工の歯を取り付けます。見た目にも自然です。
歯のない所へインプラントを埋め込みます
入れ歯と違って金具が見えず、天然の歯のように噛むことができます。残った歯にも負担をかけません。
総入れ歯でも固定できます
インプラントを数本埋め込み、入れ歯を固定します。天然の歯のように食事が楽しめます。

模型やレントゲンなどによる十分な診査診断を行い、治療計画についての説明を受けます。
歯がない所へインプラントを埋め込んだ後、あごの骨にしっかりと結合するまで6週間〜6ヶ月ほど待ちます。※骨の状態など様々な条件により異なります。
イラストによるインプラント手術の詳しい説明はこちら
インプラントが骨としっかりと結合し安定するまで待って、この上に人工歯を取り付けます。
取り付け方は大きく分けて以下の3つです。
インプラントのヘッドにセメントを用いて人工歯を接着します。よく噛め、ネジ穴がないので噛み合わせがつくりやすく、見た目にもキレイです。
インプラントのヘッドと人工歯をネジで止めます。定期検診などの時に歯医者さんで外してもらい、インプラントと歯肉を清潔にすることができます。
インプラントのヘッドに棒状・球状または磁性の維持装置を取り付け、入れ歯を固定します。
インプラント治療が終わっても、それで安心することはできません。人工歯は、天然歯のような防御機能がありませんから、毎日の家庭でのケアと定期的な検診を欠かさず、きちんとメンテナンスをするようにします。
ブラッシングを徹底的に行います。インプラントは天然歯に比べ、構造的に人工歯の根元が細くなっているので隙間ができます。普通のブラッシングに加えて、歯間ブラシや抗菌剤入りのリンスなどを使って徹底的に口腔内を清潔に保つようにします。
定期的な検診は、最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2・3ヶ月に1回、最終的には半年に1回が目安になります。インプラントの状態や噛み合わせに不都合がないかを調べます。また、歯科衛生士に口腔内の衛生状態などをチェックしてもらい、専門的な清掃(PMTC)を受けます。


このページを閉じる