35歳〜44歳の人ではおよそ85%、45歳〜54歳では90%の人が、歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。(厚生労働省歯科疾患実態調査1999年より)
歯を失う原因の第一位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因になっています。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっています。
歯の周りには、歯を支える色々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)があります。歯周病は、これらの組織が細菌に感染して起こります。また、歯の周りだけでなく全身的な要因・病気も原因となります。たとえば糖尿病の患者には、かなり重度の歯周病患者が多いのですが、糖尿病が悪化すると、歯周病も悪化するという関係が見られます。
歯周病については近年、動脈硬化や糖尿病などの全身疾患との深いかかわりが指摘されるようになっています。
歯周病が進行して深くなった歯周ポケットでは歯周病菌がさらに増殖し、炎症が起きている部分は傷が開いたような状態になり、ここから血管に細菌が入りやすくなります。
動脈硬化、糖尿病だけでなく歯周病菌が危険因子となる病気は幅広く考えられます。適切なブラッシング(歯磨き)をはじめ、高い予防意識が必要です。

歯のつけ根の表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。ブラッシングした時や、固いものを食べると、出血することがあります。これくらいではまだ痛みもあまりありません。(この段階を「歯肉炎」といいます)
 
プラークが歯石(しせき)になり、歯石は大きくなって、歯根膜がとけ歯肉溝の中にも広がってきます。歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間ができます。炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。
 
症状が進むと、歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常時ウミが出るようになります。その状態を一般的に歯槽膿漏(しそうのうろう)といいます。

歯周病や虫歯の原因は、プラークです。このプラークは、ていねいなブラッシングによって、大部分取り除くことができます。つまり、適切なブラッシングをつづけることで、歯周病を予防することができるのです。それだけではありません。程度の軽い歯周病であれば、ブラッシングで治ってしまうことも可能です。
ねばねばした細菌の集まりがプラーク:歯垢(しこう)です。その細菌が少しずつ死滅して、それに唾液成分の無機質が沈着し、石灰化して歯石(しせき)になります。

※保険治療


ブラッシングができていないところや磨きにくいところをはっきりさせます。ブラッシングの指導なども行います。
歯の表面、歯と歯の間、歯のつけ根の部分にクリーニングペーストを塗ります。
ブラシで表裏の汚れを落とします。
三角形チップで歯間部を磨きます。
やわらかいシリコンラバーのカップで歯の表裏、歯ぐきの間を研磨します。
山形ブラシで汚れを落としにくい咬合面の溝をきれいにします。細かい部分まで全てきれいにします。
消毒液を含んだ洗浄液でお口の中をきれいにして、歯肉ポケット内や歯を洗浄します。
虫歯の予防になるフッ化物を塗り、より浸透させるため数分間うがいを避けます。


研磨用のフッ化物入りペーストにより再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル質を強化します。
細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、虫歯を予防します。またエナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。
歯面から歯肉縁上ならびに歯肉縁下1〜3mmのプラークを除去することにより、歯肉の症状を改善します。また歯肉が引き締まってきますので、歯周病・歯肉炎の予防にもつながります。
タバコのヤニや茶シブなどの沈着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。また汚れを着きにくくします。