入れ歯、口腔ケアの事なら「なつやま歯科クリニック」

高齢者のための口腔ケア
バネがない入れ歯「デンチャー」

高齢者の患者様には「口腔ケア」を積極的に推進しております
口腔ケア
・歯石除去やブラッシング及び指導
・歯ぐき、粘膜のマッサージ
・リハビリテーション(舌や口唇の機能の回復運動)
・口腔ケアの自立のための指導
口腔ケアは、年齢を問わず健康管理に欠かせない重要なケアです
お口の中(口腔内)を清潔に保つことは、健康管理上、とても重要なケアのひとつです。放置状態のままだと、虫歯、歯周疾患、摂食嚥下障害など様々な疾患の恐れがあります。定期的な口腔ケアをきちんと行う事によって改善・予防が可能となります。
※摂食嚥下障害とは…水や食べ物がうまく飲み込めなくなったり肺の方へ行ってしまうようになることを嚥下障害と言いますが広い意味で口から食べられなくなることを「摂食嚥下障害」と言います。
歯の健康と体の健康は密接な関係があります
現代、口の中の細菌が肺に入って起こる誤嚥性肺炎(※)で多くの高齢者が亡くなっていると言われております要介護高齢者の直接的死亡原因で肺炎は最も高い割合を占めており、全体の30%強と言われております。口腔ケアを実施した人と実施しなかった人を比べると、肺炎の発生率は40%減少させる効果があるとも言われており、この誤嚥性肺炎の予防に口腔ケアが非常に有効である事がお分かりだと思います。
※誤嚥性肺炎とは…嚥下障害などにより、口腔内の細菌が気道に入り込むことでおきる肺炎です。誤嚥性肺炎を発症すると熱、咳、痰の三兆候のみでなく、体自体の元気もなくなります。


▲ ページトップへ戻る
今の入れ歯で大丈夫ですか?
機能的でかつ審美性に優れたデンチャー(入れ歯)
今まで「入れ歯」といえば部分入れ歯の場合、金属製のバネを歯に引っ掛けてお口の中に入れる方法が主でした。しかし、バネを引っ掛けなくても大丈夫な入れ歯(デンチャー)が誕生しました。金属のバネのことを専門的には「クラスプ」と呼びます。このバネがない(クラスプがない=ノンクラスプ)入れ歯(デンチャー=入れ歯)のことを、「ノンクラスプデンチャー」と呼びます。
このデンチャー(入れ歯)の特徴を挙げると次の3つの特徴があります。
 1.金属のバネがない。材質が半透明で歯ぐきの色調が同化することで入れ歯が入っている様には見えません。
 2.金属のバネがないことにより、金属アレルギーの心配もありません。
 3.破折に強く弾力性がある素材のため薄く仕上げることができ、お口の中が快適です。



〒811-3217 福岡県福津市中央3-1-1 福間駅ビル106(鹿児島本線JR福間駅ビル1F)
※日曜・祝祭日は休診 ※駐車場あり
ホームクリニックのご案内一般・小児歯科歯周病インプラント審美歯科高齢者歯科