社会不安障害(SAD)、社交不安障害、あがり症(上がり症)「メンタルクリニック桜坂」(福岡市)

ご予約はお電話でご連絡ください。092−725−7900

▼社会(社交)不安障害とは ▼社会(社交)不安障害で現れやすい症状 ▼社会(社交)不安障害の治療法 ▼メンタルクリニック桜坂のご案内


社会不安障害とは(SADとは)

「人目を浴びる行動への不安により強い苦痛を感じる」、「他人に悪い評価を受けるんじゃないかと不安になって話せなくなる」などで身体症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたすことを、社会(社交)不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)と言います。
この社会(社交)不安障害(SAD)は性格の問題ではなく、精神療法や薬物療法によって症状が改善することがある心の病です。
社会(社交)不安障害(SAD)の人は、恥ずかしいと感じる場面では常に羞恥心や笑い者にされるのではという不安感を覚え、そうした場面に遭遇することへの恐怖心を抱えています。
思春期から成人にかけて発症することが多いこの病気は、慢性的になり、人前に出ることに抵抗感を覚え恐れるようになると、「うつ病」等のさらなる精神疾患の引き金となることもございます。またこの病気にかかるのは決して特別な人ではなく、現代社会では日本はもちろん、世界中で多くの患者さんを抱える一般的な病気になっています。

▲ページトップへ戻る



社交不安障害

社会(社交)不安障害(SAD)では、強い不安症状が自律神経に作用し、様々な身体症状を発症することがあります。
また、比較的若いうち(10代半ば)から発症する病気なので症状が慢性化してくると「うつ病」や「パニック障害」等、別の精神疾患の合併が問題となります。また不安な気持ちを回避するためにアルコールを多量に摂取するようになり「アルコール依存症」を引き起こすこともあるため、充分に注意することが必要です。
・息苦しくなる
・通常より多めの汗をかく
・手足、全身、声の震えが出る
・何度も吐き気がする
・口がカラカラに渇く
・めまいがする、発作がはじまる など

▲ページトップへ戻る



SAD、あがり症

社会(社交)不安障害(SAD)の治療法には大きく2通りございます。
薬を用いて治療する「薬物療法」と薬物を用いず心理的に治療する「精神療法」があります。
2つの治療法は単体で行われたり、併用して行われたりします。
いずれの治療法も十分、専門医と相談の上、患者さん自身が納得して積極的に治療に取り組む事が大切です。

▲ページトップへ戻る



心療内科、精神科 福岡市




社会不安障害 福岡市 メンタル
〜心療内科・精神科〜
メンタルクリニック桜坂
★日曜診療★無料駐車場完備
〒810-0023
福岡市中央区警固3-6-1 クラシオン桜坂2F
092-725-7900
※ご予約・お問い合わせはお電話にてお願い致します
<診療内容> 心療内科・精神科
  不眠症、睡眠障害、うつ病、パニック障害、強迫性障害、自律神経失調症、過食症、拒食症、心的外傷後ストレス障害/PTSD、統合失調症、更年期障害、対人緊張、引きこもり、物忘れ、子育て不安、認知症など
<診療時間> 9::00〜18:00 ※日曜も診療しています
<休 診 日> 毎週木曜日、第1週土曜日
メンタルクリニック桜坂のホームページはこちら

▲ページトップへ戻る

社会不安障害 福岡市「メンタルクリニック桜坂」