福岡市南区の工務店(注文住宅、リフォーム、OMソーラー、オール電化)「清興建設株式会社」の施工実績
清興建設ブログ
お問い合わせはこちら
会社案内はこちら




環境活動レポート

 

 

 

金光教 香椎教会 平成23年秋竣工
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます
 

住宅建築 施工実績
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます
正面外観

正面

洗面カウンター
クローゼット
リビング
寝室 壁照明

志摩町I邸(木造2階建て、駐車場RC造) 平成20年春竣工
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます

宗像T邸(木造2階建て、OMソーラー) 平成19年冬竣工
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます

老司M邸(木造2階建て) 平成19年秋竣工
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます

南区O邸(木造2階建て、2世帯住宅) 平成19年夏竣工
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます

鞍手の家 平成18年春竣工
男の子3人がのびのび遊べる家を作りたい。自然とのふれあいを楽しみたい。外で遊んで汚れてきても気にならない。すぐに浴室へ直行。簡単に雨水利用もしてみました。
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます

S邸(神埼郡 ※OMソーラー)平成17年夏竣工
古い蔵の梁、ガラスを再利用したいとの要望により、吹抜けの梁、建具のガラスに再利用しています。土壁に漆喰、杉板と自然素材を多く取り入れています。
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます

H邸(三養基郡 ※OMソーラー)平成16年冬竣工
土壁の家は気持ちよい。 家族のシンボルである丸柱は2階まで通る今風大黒柱。 
薪ストーブの薪割りはお父さんの仕事になっています。
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます

施工例(1)
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます
Techni Staff 建築写真/生隈 智 撮影
設計/梶垣建築事務所
施工例(2)
※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます

Techni Staff 建築写真/生隈 智 撮影
設計/梶垣建築事務所


Tさん(福岡市


施工前

施工後

耐震改修工事をお願いして…
我が家は築40年を過ぎ、当時、母と我々夫婦に子供3人の6人暮らしを、狭い公務員宿舎で凌いでいました。学園紛争の最中で、土地探しから大工さん探しまで家内の仕事になって隣近所に恵まれた今の地に決め、大工さんも幸い太宰府の光明寺修復に当っておられた宮大工の天日さんに巡り会えました。間取りだけは鰻の寝床みたいな土地なので、たまたま過労で3か月自宅療養中に寝ながら案を作ったが、資金はマスコミ公認の安月給で到底足りず、勤め先の大先輩方に連帯保証人になって頂き、勤務先から借りて間に合わせました。と言ってもたかが知れていますが…。
台所、風呂、照明は別にして、予算はこれだけですが本体だけを出来るだけしっかりしたものにして頂けませんか、と頼むと天日さん快く引き受けて下さった。
夏向きという事で、東西南北窓や地窓をつけて貰い、物置代わりに出来る棚などもあちこちお願いして、手間を食ったことだろうと思うが、立派に仕上げて下さった。
そんな経緯の家です。大事に使わぬと罰が当たる。白蟻駆除も続けてきました。周りを見ると、緑の多い立派な和風の家が壊され、更地になった所に新式の家が何軒か建ち、緑からコンクリートの車置場に置き換わり、ごく最近も坂の下の方にあった、我が家より新しい立派な和風の大きなお屋敷が壊され、3軒の新式の家になったし、それまでも何軒か緑がなくなった。
シベリア帰りの私は、かってマスコミが「世は使い捨て時代」と消費(浪費)が美徳の如く煽るのを苦々しく思っていた。
昨年夏、福岡市の耐震推進協議会の案内を見て、この家を出来れば改修して強度を上げて貰えるか診て頂こうと思った。子供達に言うと、親爺さんこの歳になって後何年生きて居れるつもりだろうかと思ったらしいが、補助も出るかも知れぬし診て貰ったらという事でお願いしました。
暑い盛りだったが、協議会から3人見え、床下に潜るやら天井裏に入るなどして、3時間程かかって調べ、柱もしっかりしていて補強出来る見込みと言われ、さすが天日さんの仕事だと思った。
その後、協議会から調査結果も頂き、結局清興建設原田社長にお願いすることになり、私の健康状態が余り芳しくなかったし、寒さを和らげるための工事と車置場造りを年内にし、年明けて少し暖かくなって耐震工事をして頂いて3月末に終わった。何しろ6人家族だったのが、病弱の独居老人のみとなり、家の中の整理も全く出来ておらず、工事には甚だ不便だったろうと思う。区役所などへの手続きその他は、社長さんがして下さり、皆さん私を労わりながら本当に良くして下さった。
お陰様で体調も少しずつ良い方向に向かい、調子を見ながら整理をしています。住人よりも家の方が長生きすれば、天日さんにも喜んで貰えるだろう。使い捨てに対する些かの抵抗でもある。
これ迄長い間の事実上の一党独裁で、一国の総理大臣の首のすげ替えが、使い捨て同様に行われてきた。この国難の時代にも永田町族やマスコミではその話でもちきりだが、彼らの精神構造を改める協議会はないものか。
脱線しかけたところで、改めて社長さん始め皆様に感謝の意を捧げたいと思います。

 

Y邸 リフォーム工事
OMソーラーハウスで新築してから14年、そろそろ手を入れようかなと思いました。工事の時期は、現職中にある程度の修理をした方が、退職後に行うより負担が少ないのではないかと思い、工事することを決めました。そこで、外部テラス、トイレや、ガステーブルの燃焼が悪いので、その部分のリフォーム工事を相談しました。だんだん話が進むにつれ、2年程前に妻が手を複雑骨折して、腕の上げ下ろしが痛くて料理をするときも腕が痛むらしく、キッチンの高さを少し高くしたら腕の負担も少ないことから、85cmから90cmに高くしたいとの要望が出てきて、キッチンの全面リフォームをしよう。また、急に雨が降っても、洗濯物が濡れない様、木デッキも痛まない様、屋根を付けた方が良いと思い工事をしてもらいました。

 

※画像をクリックすると、大きな写真が別ウィンドウで開きます
▲ このページのトップへ
ホームイベント・見学会家づくりの知識住宅建築OMソーラー
リフォーム施工実績紹介お見積り・ご相談フォーム会社案内プライバシーポリシー社長のブログ