●親知らずを抜く理由
親知らずを抜かなくてはいけないのか、悩んでる方は多いと思います。
親知らずを放っておくと次のようなトラブルを起こす可能性があります。

歯ぐきの感染 親知らずと歯ぐきの間にばい菌が入ることがあります。
虫歯 親知らずと、その前の大切な第二大臼歯が虫歯になることがあります。
炎症 周囲の骨が、炎症を起こすことがあります。
歯並びが悪くなる 他の歯を押し出して、歯並びを悪くすることがあります。

親知らずのレントゲン  左写真:親知らずとその前の歯が虫歯になってしまったケース。
●親知らずを抜くと腫れる?
「親知らずを抜くと腫れますよね?」とよく患者さんに聞かれます。しかし、親知らずを抜くと必ず腫れる訳ではありません。上の親知らずの場合は、ほとんどが簡単に抜けますし、下の親知らずでも、腫れや痛みが出にくい抜歯オペがあります。
ふつう歯ぐきで埋まっている親知らずを抜く場合、歯ぐきを切って、歯の周りの骨を削って抜いた後、縫い合わせるやり方が一般的です。しかし、このやり方だと腫れ・痛みが出やすいです。
当院では、 歯ぐきをほとんど切らずに抜く方法に改良し、術後の経過も良好です。
※埋まり方により、この方法で処置できないケースもあります。
「親知らずを抜くのは嫌だな」という患者さんお気持ちはよくわかりますが、親知らずの症状や、他の歯への影響を考えた上で、抜歯をした方がいい患者さんには、抜くことをおすすめしています(正常な方向に生えていてきちんと磨けているケースは抜く必要はありません)。親知らずの生え方は、患者さんによって違います。一人一人に合わせて処置を致しますのでご安心下さい。ご心配な方は、こちらからお気軽にご相談下さい。

親知らず治療に関してのお問合せはこちらからお気軽にご連絡下さい!


ホームインプラント矯正治療歯周病虫歯予防ホワイトニング神経治療審美治療親知らず治療医院のご案内院内ツアーお問い合わせ