■「歯周病治療に関しての症例」はブログをご覧ください!こちらをクリックお願いします。

歯周病の原因は、小さなバイ菌と、カンジダというカビです。
どちらもほとんどの人に存在する常在菌ですが、異常に数が増えバランスが崩れると歯周病が発症します。
当院ではお口の中の菌の状態を顕微鏡を用いて、テレビモニターで患者様と一緒に確認します。そして、菌が増えている患者様に、その菌に合ったお薬を通常3日だけ飲んで頂くことにより、正常な状態に戻します。その後、歯石取りと歯磨きの治療を併用することにより、従来の治療では改善できなかった歯周病の症状が劇的に改善されます。
≪治療前≫
歯ぐきが腫れています
≪投薬1週間後≫
腫れがなくなっています

 

 

 

 

 

 

≪歯石除去後≫
キレイな歯茎になりました
●治療方法
【1】顕微鏡を使って菌の確認(患者様にも菌を見て頂きます)
【2】細菌の除去薬剤の内服(通常3日間)
【3】カビ取り歯磨き剤での歯磨き
【4】除菌後の歯石とり
【5】メンテナンス
※歯石取りは歯ぐきが良くなってから徐々に行いますので、痛くありません
●実際の効果
・口臭がしなくなる
・歯ぐきがひきしまる
・歯ぐきがピンク色になり、血が出なくなる
・歯の動きが小さくなる
●治療を開始したことによるメリット
・除菌を確認して治療を行うため外科的治療がほとんど無く、患者様の精神的・肉体的な負担が少なくなります。(痛くない治療)
・治療の効果が早く現れます。
・目で見て菌の状態を確認できるため、分かりやすく、前回の状態との比較もできます。
・従来のブラッシングと外科処置の治療と比べ治療の効果が大きく、その後も安定しています。
●全身疾患との関係
菌が全身疾患に大きく関与しているのが、医科でも問題になってきています。
口の中で出血を起こすと歯周病菌が血管に入ってしまい、心臓で炎症を起こすために、歯周病の人が心臓病になる確率は2〜3倍に上がるとも言われています。また、他にも食道癌・糖尿病・早産・高血圧などに関与していると言われています。
●薬による歯周病治療終了後に注意すべき事
位相差顕微鏡
【1】歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気をつけましょう。
【2】歯周病を起こす細菌が増殖しにくいように、お口の中を清潔に保つようにこころがけましょう。つまり、歯石やカビ菌を定期的に除去して、そして毎日の適切な歯磨きをしましょう。
【3】歯周病の再発や細菌の再感染(またはお口の中が再感染しやすい環境になっていないか)を調べるために、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受けるようにしましょう。

歯周病治療に関してのお問合せはこちらからお気軽にご連絡下さい!


ホームインプラント矯正治療歯周病虫歯予防ホワイトニング神経治療審美治療親知らず治療医院のご案内院内ツアーお問い合わせ