<福岡市耐震推進協議会とは>
福岡市内で耐震改修の技術と実績を兼ね備えた建設業者により構成され、木造戸建住宅の耐震診断から耐震補強工事まで、一般の消費者の耐震に関する相談に対応しています。
福岡市では、これまで耐震・安全推進課を設け、出前講座などを実施し、消費者に対しての意識喚起促してきました。また、耐震改修や建て替えについて工事費の一部を助成する制度を設けています。
しかし、実際に耐震改修の問い合わせで多いのは「業者を紹介して欲しい」という一般消費者の声。福岡市ではこれまでは他の地方自治体と同様、個々の業者を直接紹介することは、(行政という)立場上できませんでした。
2007年3月から福岡市と耐震に積極的に取り組む建設業者とで話し合いを重ね、福岡市と連携する形で、同年9月1日に協議会を設立し、「住環境工房らしんばん」を中心に活動を開始しました。
さらに、「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」とも連携し、情報交換や共同勉強会を実施するなど、耐震に関する研鑽を日々重ねています。
設立以降、すでに数多くの耐震診断を実施し、補強提案や補強工事も行っています。
「行政からの期待も大きく、責任が求められますが、その期待を裏切らないように、質の高い耐震診断、補強提案、そして、補強工事を提供していきたいと思います。
協議会会長:白水秀一(住環境工房らしんばん代表)

福岡市耐震推進協議会 定款



<日本木造住宅耐震補強事業者協同組合とは>
通称:木耐協/事務局:東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビルディング7階  
理事長:小野秀男
2007年8月末日時点での加盟組合員数が1,031社
木耐協は1997年9月より活動を開始し、2009年3月に建設省(現:国土交通省)の許可を受け、協同組合として組織変更。
全国の工務店・設計事務所・リフォーム会社と共に、これまでに124,343棟(2007年8月末)の耐震診断を実施。
当組合では既存木造住宅の耐震診断と補強を推進してきた結果、リフォーム業界では最大の組織。
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合


<施工実績>
≪屋根軽量化(ルーガ)≫

施工前(南面)

施工後(南面)

施工前(西面)

施工後(南面)

≪基礎補強≫

施工前

目荒し・配筋

ベース打ち

型枠

施工後

≪基礎補修≫

基礎クラック施工前

基礎クラック施工後

≪後付アンカーボルト≫

施工前

土台・基礎穿孔

アンカーボルト打ち込み

施工後

 

FAX診断申込書はこちら


ホーム福岡市耐震推進協議会とは耐震診断の対象診断内容と費用について診断お申し込みのながれ
福岡市耐震推進協議会 メールはこちらから